2019年04月28日

【速報!】平成最後の今日の「のど自慢」、大月みやこさんのファルセットを聞ける喜びに浸りましたよ・・・新沼謙治さんの新曲「盛川」も朴訥としていて、しみじみしました・・・

今日は久々に「のど自慢」を、後半からでは
ありましたが、じっくりと見ることができ
ました。

平成最後の「のど自慢」だったんですねえ。

今日を含めて、あと3日で平成も終わり。

いろいろと振り返る機会を与えられたと
いう意味では、今回の10連休も決して
悪いものではありません。

今日のゲストは大月みやこさんと新沼謙治
さんでした。

平成最後であっても、こういう人選を貫く
「のど自慢」。

いいじゃないですか。

世間に媚びないその姿勢、これこそが
「のど自慢」が令和の時代にまで続く
大きな原動力ですよ。

さて、新沼さんの新曲「盛川(さかりがわ)」
ですが、これ、新沼さんご自身が作詞作曲
したんですなあ。

初めて聞きましたが、新沼さんらしい
朴訥とした雰囲気があふれている、
いわば「新沼演歌」。

しみじみとしましたよ。

(*コチラです。↓)




また、最後に大月みやこさんが歌った
「せめてもう一度」は、歌手生活55周年
の記念曲。

ちょうど、その直前に数日前の日刊
スポーツの大月さんのインタビュー
記事を今日になって読んでいまして、
非常にタイムリーでした。

大月さんの歌の魅力はそのファルセット
(裏声)を含めた艶のある声だと私は
思っていますが、今回の新曲はまさに、
大月さんの魅力が満開の王道演歌となり
ました。

こちらも、平成最後に「大月演歌」を
聞ける喜びに浸ったというかね。

いいものを見させてもらって、大満足
でしたよ!



*大月さんの新曲! ↓



posted by あらやまはじめ at 13:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大月みやこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村