2016年05月14日

今日の「ミュージックフェア」の原田知世さん、「時をかける少女」はソロで歌ってほしかったなあ…欅坂46が束になっても、「知世」一人には叶いませんよ

今日は、私事で恐縮ながら、
夕方まで、イライラすることが
続きましてね。

いや、こういう日もあります。

そんな「イライラしたオヤジ」の
すさんだ心をなごませる番組が
今晩ありました。

「ミュージックフェア」ですよ。

私は、この番組、土曜日にプロ
野球のナイターがない場合は、
たいてい見ていましてね。

いや、長年見ていますが、
「質の高い音楽番組」だと
思っています。

そんな「ミュージックフェア」
に、今日は原田知世さんが登場
しました。

私はあえて、「知世」と呼びたい
ですが、知世が音楽番組に出る
のは久々じゃあないですか。

私は知世がアイドル時代から
ずっと好きでしてね。

今も、変わらぬ美しさ。

いや、年々その美しさに「神々
しさ」が兼ね備わってきていると
思うのは私だけでしょうか。

そんな知世は、まず、竹内まりや
さんの名曲「セプテンバー」を
歌いました。

これを聴いて、知世の姿を目に
焼き付けて、私の「イライラ」は
完全に収まりましたね。

なんというか、知世は、見ている
だけで、心が落ち着きます。

「女神」だね、もはや。

さて、「ミュージックフェア」の
後半、知世が自身の最大のヒット曲
である「時をかける少女」を歌うと
いうことで、私は大いに期待して
いましたが…。

欅坂46とのデュエットという形に
なりました。

しかも、キーを下げて。

これねえ、往年の知世を知る
オヤジとしては、納得が行き
ませんでしたねえ。

欅坂46の個々のメンバーも、
かわいらしい女の子がたくさん
揃っていますが、私に言わせれば、
「束になっても、知世一人に
叶わない」といったレベルでして
ね。

…こんなことを言ったら、欅坂
ファンに袋叩きに遭うかもしれ
ませんが、往年の知世ファンは
みんなそう思っていますよ。

表だって言わないだけでね。

できれば、ソロで歌ってほしかった。

でもね、欅坂の女の子たちの、
「良きお姉さん」といった感じを
出せたのは良かったかなあ。

いや、年齢的には「良きお母さん」
なのかもしれませんが…。

知世に「お母さん」は似合わない
なあ。

まあ、いいものを見させて頂き
ましたよ、今晩は。

来週も出るのかな?

期待したいですね。


*知世の最新アルバムです。↓








posted by あらやまはじめ at 19:24| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 原田知世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村