2017年10月05日

【今週の「うたコン」・20171003】川中美幸さんに、山内惠介さんにと、今回はもらい泣きする場面が多かったですが・・・最大のヒットは、高岡早紀さんの「みずいろの雨」だったかなあ・・・

昨日放送された「うたコン」、今日の
午後になってチェックできました。

夜も遅いので、手短に振り返って
おきましょう。

今回のテーマは「秋の旅・人生の旅
名曲スペシャル」でした。

普段45分の放送が1時間15分と拡大
されました。

冒頭、川中美幸さんのお母さんが
先日お亡くなりになったことが
紹介されました。

私もスポーツ紙の芸能欄で見て、
知ってはいましたが・・・。

お好み焼き屋さんをやっていたん
ですよねえ、美幸さんのお母さんは。

「仲良し母娘」だったことは、私も
以前よりテレビで見て知っていました。

ですから、美幸さんもさぞ消沈されて
いるであろうと思って見ていました。

トークの段階で既に涙ぐんでいました
ねえ・・・。

美幸さんは「おんなの一生〜汗の花」
を歌いましたが、聞いていて、私も
ついついもらい泣きしてしまいました。

「おかあちゃん♪」と囁きかける
歌詞があるのですが、美幸さん、
大号泣したことは、だれも責めは
しませんよ。

一番大事なお母さんがお亡くなりに
なったのですから、泣いて、誰が
責めようか。

それでも、「すみません・・・」を繰り
返した美幸さん。

ああいう姿を見ているとねえ、演歌
歌手というのは、「かくあってほしい」
と思いましたねえ。

泣いていい時だってあるんです。

それをストレートに表現してほしい。

ポップスの歌手にはできなくとも、
演歌歌手にはしてほしい。

それこそが、演歌歌手の「特権」と
言えるのではないでしょうか。

(*この曲、本当にいい曲です。↓)




また、もらい泣きしたシーンが
もう一つありました。

「惠ちゃん」こと山内惠介さんです。

福岡の高校時代の恩師から予想も
していなかった手紙を受け取って
ねえ。

惠ちゃん、目に涙をためていました。

惠ちゃんも一昨年、紅白に初出場
するまで、長年苦労したことは、
私もニッポン放送を聞いていて、
よく分かっていました。

だからこそ、紅白に初出場した時
には、我が事のように喜んだ。

昨年も2年連続で紅白に出場し、
今年も出場が濃厚ですが、人に
よっては慢心しかねないこの時期
に恩師から手紙をもらって、涙を
見せる惠ちゃんを見て、改めて、
「この男は本物だ」と私は感じた。

今年も大晦日には紅白でその勇姿を
見たいと思います。

(*惠ちゃん、今年の勝負曲です。↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛が信じられないなら (唄盤 CD+DVD) [ 山内惠介 ]
価格:1800円(税込、送料無料) (2017/10/5時点)





今回、他にも取り上げたい歌手は
結構いますが、時間もないので、
あともう一人だけ紹介しておき
ましょう。

高岡早紀さん。

今回の「うたコン」、最大のヒット
です。

「なぜ彼女が出演?」とも思いました
が、久々に歌手活動を再開したんです
なあ。

今回、八神純子さんの大ヒット曲、
「みずいろの雨」を歌いましたが、
ボサノヴァバージョンでしてね。

雰囲気ありましたよ。

八神さんとは違った「色っぽさ」が
全開でね。

彼女のアルバム、8月に発売されて
いました。

知らなかった・・・。

スポーツ紙の芸能面は毎日チェック
しているのですが、記事になって
いたかなあ・・・。

最後に紹介しておきましょう。

ジャケットも、めちゃくちゃ色っぽい。

どうぞ! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SINGS -Daydream Bossa- Deluxe Edition [ 高岡早紀 ]
価格:4428円(税込、送料無料) (2017/10/5時点)




posted by あらやまはじめ at 00:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | 川中美幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村