2014年09月08日

【あらやまの好きな演歌・歌謡歌手21】都はるみさん・・・ビバリー出演中! 「こぶし」の心地よさは健在です、というか、芸術、国宝級と言っていい

ちょうど、今、ニッポン放送の「高田
文夫のラジオビバリーヒルズ」に出演中
の都はるみさんを、せっかくです、今日
は当ブログで取り上げたいと思います。

考えてみれば、当ブログではまだ女性
演歌歌手をあまり取り上げていません。

今日からちょっと、たくさん取り上げて
いこうかと思っています。

さて、「はるみちゃん」(と呼ばせて
ください)ですが、私は女性演歌歌手の
中ではやはり、大好きな一人でしてね。

私が初めてはるみちゃんを知ったのは
たぶん幼少の頃聞いた「北の宿から」
だと思いますが、あの曲はレコード大賞
を受賞し、オリコンでも1位に輝き、
売上はなんと143.5万枚ですからねえ。

さらに、昭和55年に発表した「大阪しぐれ」
もロングヒットとなり、オリコン最高2位、
114.6万枚の大ヒット。

売上だけで言えば、昭和50年代を代表
する歌手の一人と言っていいでしょう。

昭和50年代には、58年に岡千秋さんと
デュエットした「浪花恋しぐれ」も
オリコン最高3位、70.3万枚。

昭和59年にはるみちゃんが「普通の
おばさんに戻りたい」と言って発表
した「夫婦坂」はオリコン最高5位、
38.4万枚。

国民的演歌歌手です。

名曲の多いはるみちゃんですが、
私にとって思い出深いのは、やはり
「夫婦坂」ですかねえ。

紅白歌合戦でも最後に歌われた
この曲は、「はるみ節」全開とでも
言いましょうか。

いや、「はるみ節」と言えば、世間は
「アンコ椿は恋の花」、あるいは、
「好きになった人」あたりを思い出す
人が多いのでしょうが、私はこの
「夫婦坂」を推したいですね。

おとなしい曲でこそ、「はるみ節」は
光ると私は思っています。

名曲中の名曲である「夫婦坂」では、
3番の歌詞を歌っている時のはるみ
ちゃんの「こぶし」が、泣けるくらい
に素晴らしい。

この曲で一時引退したはるみちゃん
ですが、数年後、復帰します。

私は復帰してよかったと思っています。

だって、はるみちゃんは国民的演歌歌手
ですよ。

埋もれさせておくわけにはいかないん
です。

先程、「ビバリー」で新曲「冬の海峡」
を聞きましたが、その「こぶし」の
心地よさは健在というかね。

ますます、グレードアップしている。

もはや、芸術。

国宝級と言っていい。

今後も、ますますのご活躍を期待
したいものです。


*オールタイムベスト、と言っていい
ですよ、このDVDは! ↓

posted by あらやまはじめ at 12:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 都はるみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村