2020年05月03日

【祝!】野口五郎さん、「ゴローの日」に配信シングル「光の道」発売!・・・デビュー50周年、こういうご時世だからこそ、五郎さんの歌声を聞きたいと思ったのは私だけでしょうか

昨日のサンケイスポーツの芸能面に
野口五郎さんの記事が大きく載って
いたと思っていたら、先程ニッポン
放送の番組にも五郎さんが出演して
いました。

これ、今日は五郎さんを取り上げ
ないわけにはいかないでしょう。

なにしろ、デビュー50周年です!

5月6日、「ゴローの日」に配信
シングル「光の道」も発売します。

五郎さんは1971年に「博多みれん」
でデビューしましたが、私が生まれた
翌年ですよ。

今は亡き西城秀樹さん、そして、
今もバリバリ現役の郷ひろみさん
と「新御三家」として、70年代の
芸能界を席巻した五郎さん。

私も70年代後半から80年代前半の
五郎さんはよく覚えています。

一番覚えているのは、83年のヒット
曲「19:00の街」ですかね。

オリコンでは最高16位でしたが、
「ザ・ベストテン」や「ザ・トップ
テン」では10位以内に長く入りました。

この曲、私はつい2、3か月前でしょうか、
カラオケ店がギリギリ営業している時、
久々に歌ったのですが、自分で歌って
いながら、「やっぱりいい曲だなあ」と、
その素晴らしさを再認識した次第でしてね。

今日のニッポン放送でも「光の道」が
かかっていて、聞きましたが・・・。

なんでしょう。

こういうご時世だからこそ、五郎さん
の歌声を聞きたいと思ったのは私だけ
でしょうか。

五郎さんの歌声って、「落ち着かせて
くれる」んですよ。

いや、そりゃあ、いろいろな歌手が
世の中にはいますし、別にこういう
ご時世だからといって、ロックを
聞いたって別に構いませんよ。

人それぞれの好みですから。

でもねえ、私も50歳を目前にして、
いざ、歌を聞こうと思えば、やっぱり、
「昔流行った歌を聞きたい」と強く
思う。

で、「昔流行った歌」でも、数は
たくさんあります。

その中でも、「落ち着いた曲を聞き
たい」と思うようになるんですよ。

トシを取ると。

こういった私のような中年男性に
とって、五郎さんの曲ってねえ、
やっぱり堪えられない魅力があります。

あれだけ、人を落ち着かせる歌声を
出せる歌手って、なかなかいません。

まあ、五郎さんくらいの歌手になれば、
もうこれ以上ヒット曲がなくたって
大丈夫だろうと思いますが、それでも
出す以上はヒットを狙ってほしいと
いう思いはやっぱりありましてね。

五郎さんも64歳ですよ。

私が子供の頃、一世を風靡した五郎
さんはまだ20代でした。

今も第一線で頑張っている五郎さん。

応援しないわけにはいかないでしょう!



*五郎さんの最新曲から、50周年の
ベスト盤まで・・・聞きたい曲は山ほど
あります! ↓













posted by あらやまはじめ at 22:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | 野口五郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村