2020年06月07日

今週末は「Mステ」の氷川きよしさんに、WOWOWのサザンの12時間スペシャルと、久々に音楽を堪能しました!・・・こんなご時世だからこそ、「人生に音楽は必要不可欠だ」と改めて思いましたねえ、月並みかもしれませんが

夜も遅くなってきましたので、手短かに
参りましょう。

今週末、私は久々にテレビで音楽を堪能
しました!

いや、案外、こういう機会って、ないん
ですよ。

トシを取ると。

有難いことに、今年度から社会人になった
娘が、音楽番組にチャンネルを合わせて
くれたことが大きい。

もっとも、娘も「自分が見たいもの」を
優先しているわけですが、今週末は私が
見たいものと珍しく合致しました。

まずは、金曜夜の「Mステ」です。

氷川きよしさんが14年ぶりの出演。

これを聞いて、私は驚きました。

「第一線の演歌歌手をそこまで放置
してきたのか」と。

いや、いいんですよ、「Mステ」は基本、
ポップスやロック系のアーティストを
出演させるのが大前提であることくらい、
私だって分かっています。

氷川さんの今回の出演だって、初の
ポップスアルバムを出すからという
背景があったことも理解できる。

逆に言えば、氷川さんが殻を破った
ことにより、「Mステ」に風穴を開けた
ということです。

これは、なかなかできることではあり
ません。

しかしねえ、氷川さんの日本語バージョン
の「ボヘミアン・ラプソディ」、これは、
私は「覚えたい!」と思いました。

久々に。

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」が
リバイバルヒットした1993年、私はアメリカ
に留学して3年目でして、当時の現地の様子も
よく覚えていますが、この曲を「日本語で
歌う」という発想は考えたこともなかった。

もう、氷川さんの「勝利」です、これは。

年末の紅白でもぜひ歌ってほしいですね。


(*氷川さんのポップスアルバムにも、当然
「ボヘミアン・ラプソディ」は収録されて
います! ↓)




また、昨日の土曜日にはWOWOWでサザン
オールスターズの12時間スペシャルが無料
放送されました。

これも、娘がチャンネルを度々合わせて
くれて、しかも録画していたことから、
今日もその一部を見ることができました。

70年代や80年代のサザンの曲は、私に
とっても「これぞ!」と膝を叩きたく
なるくらいの名曲揃いで、ケチのつけ
ようが全くない。

それより、私でも知っている最近の曲に
私は感心しました。

今回、WOWOWでは無料放送はもちろん、
すべての曲にテロップで歌詞を載せた
ことに私は感動しました。

大英断です。

その中でも2016年に発表された桑田佳祐
さん名義の「ヨシコさん」の歌詞には
参りましたなあ。

なにしろ「エロ本」なる単語が歌詞に
散りばめられているのですから。

エロ本ですよ。

これも、WOWOWが歌詞をテロップで
出してくれたことで初めて知った。

今回、WOWOWが無料放送したことも
ヒットでしたが、歌詞をテロップに
出したことは大ヒットでしたよ。

(*「ヨシコさん」はレコードでも発売
されています。↓)




サザンに関して言えば、言いたい事は
たくさんありますが、キリがないので
この辺にしておきます。

また、いずれ機会があれば、述べること
としましょう。

こんなご時世だからこそ、「人生に音楽は
必要不可欠だ」と改めて思いましたねえ、
月並みかもしれませんが。

いい週末になりましたよ!



*氷川さんはあれだけヒット曲があり
ながら、CDではベスト盤を出していま
せん。唯一、DVDではベスト盤らしき
ものが出ています。↓







posted by あらやまはじめ at 22:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | 氷川きよし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村