2015年12月28日

何? 来年4月で「歌謡コンサート」が終了?…演歌歌手にとっては、またしても、「枠」が減るというこの事態、NHKには再考を促したい

年の瀬になって、私の好きな
演歌や歌謡曲を普段より楽しむ
機会が増えたと喜んでいたら、
いきなり冷や水ですよ。

今日の日刊スポーツの芸能面に
「歌謡コンサート 来年4月で
終了」との記事を見つけました。

これはねえ、憂慮すべき事態
ですよ。

特に、演歌歌手にとってはね。

全国中継で、地上波で、しかも
ゴールデンタイムで、演歌を
聞ける番組は「歌謡コンサート」
しかないんですよ、今や。

テレビ東京系では「木曜8時の
コンサート」も放送していますが、
例えば、私の実家がある仙台では
テレビ東京系のチャンネルがあり
ませんから、見られません。

ただでさえ、演歌歌手が、その
存在を全国に知らしめる「枠」は
減っているのに、「歌謡コンサート」
までがなくなってしまえば、もはや、
「演歌歌手は日本にいらない」と
宣言されたようなものですよ。

もっとも、「歌謡コンサート」の
後継番組は、演歌や歌謡曲を織り
交ぜつつ、若者に人気のあるポップス
歌手を出演させると言われています。

全くなくなるわけではありません。

ただね、この「演歌排除」の流れは、
ここ数年の紅白歌合戦を見ていても
感じる通り、いずれは「歌謡コンサート」
の後継番組でも、「若者」に乗っ取ら
れることは必定でしょう。

ジャニーズ系とか、AKB系とかにね。

高齢化社会の日本で、誰が、「若者
中心の歌謡コンサートもどき」の
歌番組を見たいと思うか?

「歌謡コンサート」は、視聴率
だって、毎週二桁以上行っていて、
悪くないんです。

今からでも遅くない、撤回して
もらえないものか。

「判断が間違っていた」と一言
言えば、それで済む話です。

再考を促したいですね。


posted by あらやまはじめ at 19:17| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村