2019年01月01日

丘みどりちゃんのDVD「ファーストコンサート」、やっと見ることができました!・・・やっぱり、基本は民謡系であることを再認識、細川たかしさんの「望郷じょんから」とか、「よくぞ!」という思いですよ

今日はもう一本、当ブログで記事を・・・。

いや、元日の今日の午後、珍しく女房が
娘をどこかへ連れていってくれたので、
久々に家の中で私は自由な時間を得る
ことができました。

となると、昨年の早い時期に買って
おきながら、ろくすっぽ見ることが
できなかった丘みどりちゃんのDVD
「ファーストコンサート」を見るしか
ない!

ようやっと、見ることができましたよ。

(*コチラです! ↓)




PCで見ようとして、DVDを突っ込んだ
ら、久々にPCでDVDを見るからか、
重くなっていたのでしょう、なかなか
起動しませんで・・・。

30分くらい格闘して、やっとコンサート
映像にありつくことができました。

正月早々、疲れましたが・・・。

でも、1時間半ほどみどりちゃんの歌
だけを聞く、映像を見ることができると
いう機会は、テレビではまずありません。

DVDの素晴らしいところです。

家の中に私一人でしたから、誰にも
邪魔されませんしね。

一曲目は、一昨年の出世作「霧の川」
でスタート。

(*この曲で、私はみどりちゃんを
好きになりました。↓)




やっぱりねえ、この曲は個人的には
一番好きですねえ。

CDジャケットも含めて。

この曲でみどりちゃんはオリコンでも
最高28位と、自己最高位を記録しては
演歌歌手としてもブレークしたわけ
ですが、2年半前、新曲キャンペーンで
来た町田の鈴木楽器店での衝撃は忘れ
られません。

(*当時の記事です。↓)

・【写真満載!】町田の鈴木楽器に来てくれた丘みどりちゃんの写真を一気に10枚どうぞ!・・・今週のオリコン週間演歌・歌謡ランキング、堂々の3位、次週は首位だ!

http://enka-kayo.seesaa.net/article/439563343.html



あの頃はただただ「かわいい」と思って
いました。

ですがねえ、みどりちゃんのことを
知れば知るほど、「この歌手はただ
かわいいだけではない」と思うように
なりました。

その一端がこのDVDではよく伺えます。

コンサートの序盤では、ポップス系の
曲を続けて5曲歌いました。

秀逸だったのは、麻丘めぐみさんの
「私の彼は左きき」。

(*当時のジャケットです。↓)




こういうミドルテンポのアイドル系の
曲を歌わせると、ルックスのいいみどり
ちゃんは輝きます。

ですが、アイドル系の曲はそこまでで、
その直後デビュー曲の「おけさ渡り鳥」を
披露したわけですが、私はこの曲にこそ
みどりちゃんの「原点」があるのではと
再認識しました。

(*今や、とんでもない高値が付いて
います。↓)




「民謡系」なんですよ、基本は。

コンサート中のトークでも語っていました
が、「子供の頃、引っ込み思案だった私を
母が民謡教室に連れていってくれた」ん
です。

私も民謡の発声方法等、全くと言っていい
ほど分かりませんが、何十年も演歌を
聞いていれば、「この人は民謡系だ」と
いうことくらいは、なんとなく分かります。

みどりちゃんがいかに「民謡系」である
のかは、その数曲後に歌った、細川たかし
さんの「望郷じょんから」を聞けば一目
瞭然です。


(*当時のジャケットです。↓)




この「望郷じょんから」は素晴らしかった!

細川さんも民謡系であることはよく知られて
いますが、「望郷じょんから」って、かなり
難しい曲ですよ、細川さんの曲の中でも。

これを、ブレることなく歌っていたのには
驚きました。

みどりちゃんの歌のうまさは、もっと評価
されるべきだと思いますねえ。

その数曲後には、「ファーストアルバム」
にも収録された、森進一さんの「北の螢」を
歌ったわけですが・・・。

(*「ファーストアルバム」、私もよく
聞いています。↓)




これねえ、CDで聞いていた時には多少なり
とも「違和感」がありました。

森進一さんのイメージが強すぎたからです。

ところが、DVDでみどりちゃんの振り付き
の映像を見れば、「この曲はむしろ、女性
であるみどりちゃんが歌った方がしっくり
来る」と思ったのは私だけではないでしょう。

この情熱的な名曲の歌詞の中には「もしも
私が死んだなら 胸の乳房を打ち破り」と
いうフレーズがあります。

「女性の歌」なんですよ、本来。

この曲がヒットしたのは、私が中学2年生
だった1984年の冬でしたが、今頃になって
「気付き」がある。

よくぞ、みどりちゃんは「掘り起こして
くれた」という思いです。

(*「北の螢」、私はいまだにシングル盤を
持っています。↓)




「北の螢」の熱唱後、みどりちゃんは
自身のシングル曲を7曲連続で歌いました。

ここで、私はあることに気付きました。

みどりちゃん、客席のお客さんに握手を
しながら、歌ったんですなあ。

・・・これは、結構「不覚」でした。

いや、演歌のコンサートではよくある
ことなのでしょうが、実は私も演歌の
コンサートのDVDを見るのは、これが
初めてです。

演歌歌手のコンサート、私はこれまで
一度も行ったことがありません。

「そうなのか・・・そうだよねえ」と
思いました。

テレビではよく見るシーンですが。

アンコールを挟んで、最後は昨年の
紅白歌合戦初出場を決めた「佐渡の
夕笛」を歌い、終了となりました。

そして、注目すべきは、その後の
エンドロールでした。

みどりちゃんは「佐渡の夕笛」で
初めて着物を着て歌うことになり
ましたが、その稽古風景が映し出され
ました。

みどりちゃん、すっぴんでした!

でもねえ、すっぴんでも、「元が
いい」んでしょうなあ、個人的には
むしろ「すっぴんのままでいい」と
さえ思った。

ちょっと前の安達祐実ちゃんの
ような感じでね。

こういう風景を見られるのも、
DVDならではです。

元日からいいものを見させて頂き
ました。

さて。

昨日、大晦日の日刊スポーツの
紅白出場歌手の紙面左横にも
大きく取り上げられましたが、
2月13日に新曲が出ます!

タイトルは「紙の鶴」。

(*Amazonでは早くも予約受付中
です! ↓)




また、つい先日行われたセカンド
コンサートもDVD化されます。

(*コチラですな! ↓)




今日はいい「骨休み」となりました。

明後日まで休みですので、もう少し
「骨休め」して、私も英気を養いたい
と思います。

「みどりちゃん、ありがとう!」の
一言です、今日は。




*昨年は「カラオケファン」でも表紙を
飾りました! ↓





posted by あらやまはじめ at 21:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | 丘みどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村