2018年01月03日

昨年末の紅白歌合戦の視聴率が39.4%は今の時代、十分すぎる数字です・・・驚いたのはテレビ東京の演歌番組が8.4%だったこと、演歌好きのジャニー喜多川社長の「進言」にNHKも耳を傾けるべきでしょう

昨年(2017年)末の紅白歌合戦の
視聴率が発表されました。

昨日のネットニュースで既に、
39.4%という結果だったことは
私も知っていました(ビデオ
リサーチ調べ、関東地区、以下
同じ)。

「ワースト3位」とか言われています
が・・・。

そんなに大事(おおごと)ですかね?

では、これくらいの視聴率を獲れる
歌番組は今の時代にあるのか、作れる
のか、と私は問いたいですなあ。

前年は40.2%でしたから、0.8%減。

これ、いわゆる「誤差の範囲内」
でしょう。

5人に2日は大晦日に紅白を見ると
いう図式は、ここ十数年変わって
いません。

「二桁獲れば高視聴率」という時代で
40%前後を毎年コンスタントに稼ぐ
紅白というコンテンツはやっぱり、
唯一無二のものだと改めて思い
知ったのは私だけではないでしょう。

しかし、今日私が購入した日刊スポーツ
の芸能面で紅白以外の番組の視聴率を
チェックしていたら、驚くべきことが
起こっていました。

やっぱりねえ、こういう時は新聞が、
特にスポーツ紙が役に立ちます。

ネットニュースでは、他の番組の
視聴率の傾向を俯瞰して見ることが
できませんから。

なんと、テレビ東京で毎年大晦日に
放送される「年忘れにっぽんの歌」が
放送時間を22時まで拡大したにも
関わらず、8.4%と前年より1.2%も
視聴率を上げました!

これねえ、私も今回の紅白に応援
している丘みどりちゃんが出演して
いなければ、テレ東にチャンネルを
合わせていたかもしれないことを
考えれば、「なるほど」という結果
ですよ。

毎年、紅白が始まる前に私もちょこ
ちょこと見ているこの番組、昨年末は
16時〜22時までの一挙6時間も放送
しました。

紅白の視聴率に重なる時間帯は21時
〜22時の1時間のみでしたが、これは
年配層に食われたでしょうねえ。

NHKからすれば。

人口比から言っても、50代の男女は
一番多いわけですから。

今日のネットニュースを見ていたら、
面白い記事を見つけました。

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川
社長が今回の紅白に「進言」をしたと。

ジャニーさんは演歌好きで有名ですが、
なにしろ御年86歳ですからねえ。

北島三郎さんが紅白を引退する際にも
何か言っていたような記憶があります
が、今回は、引用させて頂ければ・・・。

「年寄りも欲しい。『NHKは(今回の
形で)いいのかな?』と思った。
素晴らしい演出してらっしゃるけども、
紅白はおじいちゃん、おばあちゃんも
『わぁー』って言って」

・・・と、年配者が楽しめたかを気に
掛けるコメントをしていました。

同感ですなあ。

私もそろそろ50代です。

年々、ますます「年末くらいはじっくり
演歌を聞きたい」という思いは強く
なってきています。

NHKもジャニー社長の「進言」には
耳を傾けるべきでしょう。

確かに全編、紅白を私も見ていて、
「演歌が少ないなあ」とは感じて
いました。

かつての常連だった北島三郎さん、
森進一さん、細川たかしさんが
近年相次いで「紅白引退」を宣言
した影響が大きいんだろうなあ、
こうして見ると。

もはや、重鎮と呼べるのは五木
ひろしさんと石川さゆりさんくらい
でしょう?

そんなの紅白じゃないもの。

重鎮が一気に減って、中堅ばかりに
なってしまい、新顔も丘みどりちゃん
や今回二度目の市川由紀乃さんくらい
では、そりゃあ、演歌ファンの中年は
テレ東にチャンネルを合わせますよ。

年末くらいしかじっくりと聞けない
んですから、演歌は。

テレ東の強みは「懐メロ歌手」を
たくさん出せるという点です。

来年の紅白は、あと1枠か2枠くらい
演歌を増やしてもいいんじゃない
ですか。

期待したいと思います。



*紅白関連本では興味深い一冊です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅白歌合戦と日本人 (筑摩選書) [ 太田省一 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)












posted by あらやまはじめ at 20:44| 神奈川 | Comment(0) | 紅白歌合戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村