2017年03月21日

【速報!】今日の「うたコン」は、何と言っても、郷ひろみさんの「哀愁のカサブランカ」でしたねえ・・・「気分爽快」を歌った森高千里さんも、変わらず、かわいかったなあ

今日の「うたコン」、テーマは、
「大人の愛の名曲集」でした。

番組表で見て、既に分かっていま
したが、郷ひろみさんが「哀愁の
カサブランカ」を歌うのは、注目
していました。

(*これですな。↓)




1982年、私が小六の頃の大ヒット曲
ですが、この曲でどうしても思い出す
のは、当時の郷さんの「ベストテン
拒否」宣言ですよ。

当時は、かなり大きな話題になり
ました。

「ザ・ベストテン」を始めとして、
当時は歌番組全盛の時代でしたが、
フォーク・ニューミュージック勢は
歌番組に出ない歌手も多かった。

私の好きな松山千春さんとか、
中島みゆきさんなどを始めとして。

そんな中、郷さんはアイドルとして、
初めて、ベストテン番組への出演を
拒否するという「蛮勇」を見せた。

「歌は分身であり、順位付けされる
のは耐えられない」といったような
コメントを出したと記憶しています。

その第一弾となったのが、「哀愁の
カサブランカ」。

これ、図らずも、郷さんにとっては、
売上枚数で言えば、「よろしく哀愁」
に次ぐ二番目の大ヒットとなりました。

その後もあまり、テレビで歌う姿は
見たことがなかっただけに、私も
注目していましたが、良かったねえ。

元々のレコードでの歌い方とは若干
変わった点もありましたが、あの当時、
テレビではなかなか聞けなかった名曲
を今、「うたコン」で聞けたというのは、
個人的にはうれしかった。

今日の「うたコン」では、もう一人、
刮目すべき歌手が出演していました。

森高千里さんですよ!

彼女はねえ、私が高校に入学した頃
にデビューしたんですよ。

当時の高校で、昼休みに彼女の
デビュー曲「NEW SEASON」がよく
かかっていました。

(*この曲が収録されたアルバム
です。↓)




放送部の連中が好きになったん
だろうなあ、彼女のことを。

彼女がブレークしたのは、その3年後
の「17才」をリリースした頃だったと
記憶していますが、あの頃の森高
(と呼ばせて下さい)は、本当に
かわいくてね。

ミニスカートをはいて。

でも、アイドルのようで、アイドル
ではなかった。

自分で曲も書いていましたしね。

新しいタイプのアイドルという
ような感じでしたかね。

80年代後半から90年代前半に
かけて、森高は一世を風靡しました。

あの当時、他のだれよりもかわい
かった。

他の追随を許さなかった。

声も特徴的でしたしね。

今で言えば、「アニメ声」のような
感じかな。

「こんなにかわいい女の子がいるのか」
とずっと思っていましたもの。

そんな森高が、今日の「うたコン」に
初めて出演し、当時のヒット曲「気分
爽快」を歌いました。

(*ダウンロードも今ではできます。↓)




彼女は、学年で言えば、私の一つ上
ですが、変わらず、かわいかったなあ。

「かわいい」んですよ。

47歳。

でも、かわいい。

「かわいい」と断言できる。

こんな47歳、他にはいませんよ。

「奇跡の〜」とかの形容詞は
いらない。

ただただ、かわいい。

それに尽きます。

本物に形容詞はいらない。

いいものを見させて頂きましたよ。

最後に・・・演歌勢では水森かおり
さんが「鳥取砂丘」を歌いました
が、そうか、もう12年前のヒット
曲なんですねえ。

「鳥取砂丘」は初めてのヒット曲
ですからねえ、かおりさんにとっては。

毎年、オリコンのシングルTOP10に
初登場で入るかおりさんですが、
その発端は「鳥取砂丘」です。

(*当時のジャケットです。まだ、
垢抜けていません。↓)




「鳥取砂丘」自体は、TOP10入りは
しませんでしたが、いまだにかおり
さんの「代表曲」なんですよねえ。

他にもいい曲を毎年出していますが、
「かおりさんの代表曲は?」と
聞かれれば、私は「鳥取砂丘だ」
と言いたい。

ロングヒットでもありましたし。

そんな「鳥取砂丘」を久々にテレビ
で聞けたのもうれしかったなあ。

今日の「うたコン」、久々に見応えが
ありましたよ!



*かおりさんの最新曲のジャケットは
コチラ! 垢抜けました! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

越後水原〜特別盤〜 (初回限定盤 CD+DVD) [ 水森かおり ]
価格:1421円(税込、送料無料) (2017/3/21時点)





posted by あらやまはじめ at 21:28| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷ひろみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村