2020年08月14日

【訃報】渡哲也さんを悼む・・・「数十年に渡り、男が惚れる男」はそうはいません、個人的には人生で初めてカラオケで歌った曲は渡さんの「くちなしの花」、無念です

今日は午後から出かけており、夕方
帰宅してからは、風呂に入り半身浴を
しながら1時間ほど読書をしていました。

この「半身浴をしながらの読書」と
いうのが、ここ最近、私にとっての
至福の時間でして、お盆休み中の私は
いい気分で風呂から上がっては「さて、
ビールでも飲もうか」と自室へ向かい
ました。

すると、その途中、テレビを見ている
娘から「渡哲也さんが亡くなった」と
不意につぶやかれ「えっ!」と固まって
しまいました。

渡哲也さんが・・・。

4日前の8月10日にはお亡くなりになって
いたそうです。

享年78歳。

私が渡さんを初めて知ったのはいつ
だったか。

おそらく、小学2年か3年生の頃だから、
もう40年ほど前のことです。

もっとも、当時、渡さんが出演していた
テレビドラマの「大都会」や「西部警察」
は見た記憶がありません。

私の母親は厳しかったですから、「車を
爆破する」ようなドラマは見せてもらえ
なかった。

「太陽にほえろ」は見せてもらえましたが、
渡さんは出ていませんでしたからねえ。

では、私はどこで渡さんを知ったのか?

おそらく、歌で知ったんですよ。

大ヒット曲「くちなしの花」は、私は
リアルタイムでは知りませんでしたが、
後に父親が聞いていたカセットで知って、
しかも、そのカセットには「くちなしの
花」のカラオケまで入っていました。

実は、私がカラオケで初めて歌った曲は
渡さんの「くちなしの花」です。

そのカセットのカラオケでね。

もっとも、渡さんの低音は、当時小学生の
私には低すぎて、歌えませんでしたが。

でも、今は亡き父親は私の「くちなしの
花」を聞いて、「よっ!」と掛け声を
くれては、拍手をしてくれました。

今でも覚えていますよ。

小学6年生の頃ですから、もう38年前の話
です。

その後、私の高校時代の友人が渡さんを
好きだったことはよく覚えています。

その頃からですかねえ、私も渡さんを
「いい男だなあ」と思い始めたのは。

その後、私の渡さんに対する印象は全く
と言っていいほど、変わらなかった。

チャラチャラしたところもなかったしね。

役者さんにもいろいろなタイプがいて、
「かつての二枚目俳優が後年バラエティ
路線に変更」というケースも時にあります。

それはそれで結構だと私は思っていますが、
なんだろうねえ、渡さんのようにずっと
変わらない真面目さを保ち続けた役者さん
というのは、男からすれば「男が惚れる男」
ですよ。

一貫性がある男というのはね。

なかなかできることではありません。

高校時代からもう30年以上経ちますが、
「数十年に渡り、男が惚れる男」はそうは
いません。

かつて、私が大好きだった松田優作さん、
あるいは、数年前に亡くなった高倉健さん
の系譜の役者さんだったのかなあと、今に
なってつくづく思います。

無念です。

ご冥福をお祈りいたします。




*このCDはいい! 渡さんの「くちなしの
花」、「みちづれ」だけでなく、多岐川裕美
さんとのデュエット曲「めぐり逢いしのび逢い」
やいしだあゆみさんとのデュエット曲「わかれ
道」も収録されています! ↓








posted by あらやまはじめ at 22:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | ベテラン(歌謡曲) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村