2019年01月14日

純烈、「4人で再始動」には、ただただ頑張ってもらいたい・・・しかし、歌謡界にとっては、厳しい世の中になったものですよ・・・何が何でも「清廉潔白」を求められてもねえ・・・

昨年末の紅白歌合戦にも初出場した純烈。

歌謡コーラスグループの紅白出場は久方
ぶりということもあり、私は快哉を叫んで
いたのですが・・・。

人気が出ると、常にその人気に群がる輩も
出れば、逆に蹴落とそうとする輩も必ず
出てきます。

年明け早々、純烈の友井雄亮さんが早速、
「週刊文春」の格好のネタとなってしまい
ました。

最近の文春、私は全く読んでいませんし、
読む気もないのですが、友井さんが過去に
付き合った女性に対してDV疑惑があり、
競馬に数千万円使い込んだとの報道が
なされ、友井さんも先日、記者会見を
開き、記事内容を大筋で認めました。

友井さんは、芸能界からの引退も発表
したわけですが・・・。

これに対する私の所感は、「厳しすぎる」
です。

なんだろうなあ、芸能界に限らず、歌謡界
もそうですが、ああいう世界って「一般の
人々が逆立ちしても叶わない芸がある」と
いう点で、非日常を求める庶民から喝采を
浴びて生き延びてきた業界だと思うんですよ。

しかし、最近はすっかり「サラリーマン化」
してしまった。

特別な世界ではなくなったんですよねえ、
芸能界も。

だから、友井さんのような「一見破天荒」な
ことで大騒ぎされてしまう。

厳しい世の中になったものですよ。

一般社会同様に、何が何でも「清廉潔白」を
求められてしまう。

「清廉潔白」でないのが、芸能界並びに
芸能人の魅力であったはずなのに・・・。

昔の芸能界なんて、友井さんのしたことが
かわいく思えるくらい、人権無視、男尊
女卑が当たり前の世界でしたよ。

でも、「芸能人だから仕方がない」と、
世間は思っていた。

今はそうではないんですなあ。

「芸能人だって、我々庶民と同じ感覚を
持たないと」と思っている。

不遜にも。

生きづらい世の中になったと思います。

芸能人にとっては。

歌謡界に生きる人間にとってもね。

友井さん以外の純烈のメンバーは
「4人で再始動」をすることになり
ました。

ただただ頑張ってもらいたい。

明日、記者会見をするようですが、
4人は全く悪くないわけですから・・・。

せっかく、紅白に初出場したのに、
「好事魔多し」としか言いようが
ありませんが、純烈自体への期待は
変わっていませんよ。

タナボタで紅白に出られたわけでは
ないんです。

今後は、その明るさはもちろんですが、
ムード歌謡のコーラスにも磨きをかけて、
2年連続紅白出場を目指してもらいたい
と私は願っています。



*ベスト盤も出たばかり、こういう時
こそ応援したい! ↓





posted by あらやまはじめ at 22:02| 神奈川 ☀| Comment(0) | 純烈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村