2018年10月18日

「ジュリー」、沢田研二さんのコンサート中止理由は「契約上の問題」としか伝えられていませんが・・・ジタバタ騒がなかったジュリーファンにむしろ、私は拍手を送りたいですね

昨日、「ジュリー」、沢田研二さんの
コンサートが中止になったことが
大きな話題となりました。

今日はこの話題を少し・・・。

さいたまスーパーアリーナでの
コンサートが開始直前に中止に
なるという異例の事態に、主催者
側の説明は「契約上の問題」と
しか伝えられず、確かに不可解さ
は残りました。

もっとも、ジュリーのファンは
同年代が多く、比較的大らかに
受け止められているようですが・・・。

40代後半の私にとっても、ジュリーの
偉大さはかろうじて覚えています。

小学生の低学年の頃、「憎みきれない
ろくでなし」や「サムライ」、あるいは
「カサブランカ・ダンディ」といった
名曲と共に、その歌唱パフォーマンスが
一世を風靡したのはよく覚えています。

子供心にも強烈でした。

真似をする同学年の子も多かった。

「時代の寵児」でしたよ。

今思えば。

子供でさえそうだったのですから、
当時10代後半から20代くらいの女性
にとっては、それ以上の存在だった
はず。

そんなファンも、ジュリー同様、
年齢を重ねたわけで、「コンサート
が急遽中止」になったことは残念
でしょうが、それでジタバタ騒ぐ
ほど、子供じみてはいなかったと
いうことでしょう。

「ジュリーなら仕方がない」と大人の
対応をとったジュリーファンにむしろ、
私は拍手を送りたいですね。

しかし、ジュリーがここまで騒がれた
のはいつ以来でしょうか。

最近のコンサートでは、一時期、全く
歌っていなかった往年のヒット曲も
歌うことが多くなっていると聞きます。

ジュリーも70歳!

ジュリーが元気なうちに、私も一度
コンサートを見に行きたいと、今回の
騒動を聞いて、つくづく感じましたよ。



*ジュリーの貴重な写真集です! ↓



ラベル:沢田研二
posted by あらやまはじめ at 14:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | 沢田研二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村