2016年05月31日

【速報】今日の「うたコン」、狩人に、鳥羽一郎さんに、相川七瀬さんに、高橋ジョージさんと、まあ、これ以上ない、豪華な顔ぶれでしたね!…水谷千重子さんたけが、ちょっと「違和感」あったかなあ

今日の「うたコン」、私は、
見るつもりはなかったんですよ。

プロ野球の交流戦も始まりました
しね。

しかし、ちょっとチャンネルを
合わせたら、狩人が「あずさ2号」
を歌っていました。

もうダメだね。

「あずさ2号」を聞けば、私は
一緒に熱唱してしまうんですよ、
昔から。

何度聞いてもいいなあ、あの曲は。

狩人が終わって、さあ、夕飯の
準備を始めようかと思ったら、
今度は鳥羽一郎さんが出てきた。

「兄弟船」。

もう、ダメ。

テレビの前から動けない。

NHKさん、分かってますよ。

中年オヤジが何を好むのかと
いうことをね。

その後、出演者のトークが
始まり、私はようやく、夕飯の
準備を始めることができました
が…。

今度は相川七瀬さんですよ。

「夢見る少女じゃいられない」。

この曲も、もう、「伝説の一曲」
となりつつありますね。

個人的には「恋心」を歌って
ほしかったですが。

相川七瀬さんの曲が終わると、
今度は高橋ジョージさんですよ。

「ロード」。

もうねえ、すごすぎますよ、
今日の「うたコン」は。

今日の放送を見る限り、路線
変更は大成功。

こんな豪華な顔ぶれは、
「歌謡コンサート」の時代
には、なかなかなかった。

唯一気になったのは、水谷
千重子さんですかね。

彼女、世間にそんなに受け入れ
られているのでしょうか?

私は疑問だなあ。

うちの中三の娘あたりは、彼女を
見ると喜びますが…。

なんというか、「違和感」を
感じるんですよ。

演歌界を盛り上げようとして
くれているのはありがたいと
思いますが、なんだろうなあ、
ちょっと「違う」んですよねえ。

計り知れない違和感。

年配の演歌歌手たちは、実際の
ところ、どう思っているのだろう?

しかし、低迷する演歌界の「救世主」
と思えば、その存在をむしろ歓迎
しているのかもしれませんね。

まあ、「盛り上げ役」に徹して
くれるのであれば、誰も文句は
言わないのでしょうが…。

まだ、水谷千重子さんは、私には
受け入れ難いなあ。

友近さんは大好きなんですがね。



*なんと、水谷千重子さんの「ベスト
アルバム」が出ていた! ↓


posted by あらやまはじめ at 21:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥羽一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村