2014年08月28日

【あらやまの好きな演歌・歌謡歌手18】ビートたけしさん…意外でもなんでもない、パワフルなボーカリストですよ

今日のニッポン放送の「大谷ノブ彦 
キキマス!」には、14時台からビート
たけしさんが生出演しました。

私は外出しており、残念ながら聞く
ことができませんでしたが、何より
今日たけしさんがニッポン放送に出る
ということで、先週から番宣で、
たけしさんの「OK!マリアンヌ」を
これでもかというほど、聞きました。

ということで、せっかくです、今日は
このビートたけしさんを取り上げたいと
思います。

果たして、歌手としてのビートたけし
さんは、どうなのか?

人によって、賛否はあるでしょう。

そもそも本業は漫才師です。

ここ数年は映画監督としての活躍も
知られていますが、小学生の頃から
たけしさんの漫才に親しんできた私に
とっては、やっぱり、たけしさんは
漫才師なんですよ。

漫才師が歌う歌。

これは昔からありますが、たけしさん
に関して言えば、「漫才師らしくない
歌を歌ってきた」という印象があります。

先の、オリコン最高40位、3万枚の売上
を記録した「OK!マリアンヌ」だって、
軽快なロックナンバーですし、たけし
軍団を率いて、オリコン最高28位、6.9
万枚のスマッシュヒットとなった「抱いた
腰がチャッチャッチャッ」も、お笑いの
要素を含みつつ、実際には、良質な
ポップスです。

松方弘樹さんとデュエットして、たけし
さんにとっても初のオリコンTop10入りの
大ヒットとなった「I'll Be Back Again…
いつかは」は、王道の歌謡曲です。

しかもねえ、オリコンの記録はありません
が、「浅草キッド」なる、歌謡史に残る
名曲も残している。

歌手としてのたけしさん、もっと評価
されるべきだと、私はずっと思っています。

あれだけの、パワフルなボーカリストは、
なかなかいませんし、なにより、その
歌声を聞いて、「あっ、たけちゃんの
歌だ!」と誰もが認識できる。

稀有なアーティストと言っていいですよ。

以前、和田アキ子さんが、たけちゃんの
歌を評して、「たけちゃんにしか出せない
味がある」と言っていました。

確か、カバー曲を紹介するコーナー
でしたが、たけちゃんの「浅草キッド」
を誰ががカバーした。

でも、それを聞いた和田アキ子さんは、
あえて良しとしなかった。

一流の歌手からもお墨付きをもらって
いるわけですよ。

たけしさんは、良しとしないかも
しれませんがね。

哀愁がある、その歌声に。

人生が滲み出ているというかね。

そこらの、知らない歌手の演歌や
歌謡曲を聞くよりも、たけしさんの
歌の方がずっと心に沁みます。

なかなか機会はないかもしれませんが、
たけしさん、どこかで久々にコンサート
なりライブなりやってもらえないかなあ。

私のような「歌手としての、たけしさん
ファン」は、結構多いと思うんですがねえ。


*このCDは素晴らしい! 私も買おう! ↓

posted by あらやまはじめ at 20:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村