2018年06月17日

今晩のニッポン放送、「松田聖子 オールタイムリクエスト」は素晴らしかった!・・・個人的に、聖子のTOP5を選べば・・・

当ブログの更新も2週間ぶりとなって
しまいました。

その間にも、取り上げたい話題は
いろいろあったわけですが・・・。

「時間と話題の狭間で、選択を
逡巡せざるを得ない人生」と
いったところでしょうか。

まあ、好きでやっていることです
から、強迫観念まではありません
がね。

気楽に参りましょう。

今日の夜、ニッポン放送で「松田聖子 
オールタイムリクエスト」なる番組が
あり、私もPCで作業をしながら聞いて
いたわけですが・・・。

時に、作業を忘れて、曲に聞き入って
しまいました。

なんでしょう。

私は決して「聖子ファン」ではなく、
むしろ、後年は「アンチ」に近いと
言ってもよかったのですが、やはり、
全盛期の聖子(と呼ばせて下さい)は、
私の世代では「青春の1ページ」と
言って間違いはなく、好き嫌いに
関係なく、当時の若者には脳裏に
色濃く焼き付いている存在という
かね。

こういう存在、今の芸能界には
皆無でしょう。

今は、「好きな歌手だけ聞いて、
嫌いな歌手はスキップする」こと
が可能な時代ですから。

聖子の全盛期は、スマホはおろか、
携帯もなければ、ビデオもまだ
存在しなかった。

テレビで映し出される歌手を、
見ざるを得なかったんですよ。

チャンネルを替える?

替えたら、母親に「じゃあ、寝ろ」
と命令される時代です。

だから、好き嫌い関係なく、当時の
音楽番組は見ていたというのが実情
です。

私は姉妹ブログで、かつて「アイドル
ブログ」なるものを運営していました
(現・「舞台・演劇ブログ」です)。

そこで、【あらやまが選ぶ80年代女性
アイドルソングTOP100】という企画を
3年くらい前にやっておりまして・・・。

一部では、熱狂的な歓迎を受けた企画
だったのですが、今日のような「聖子
スペシャル」のような番組があると、
ついつい、私の「アイドル魂」とでも
いったものが、沸々と湧き上がって
しまうのは、「生来のアイドル好きの
性(さが)」とあきらめるしかない
のか?

ちなみに、当時、【あらやまが選ぶ
80年代女性アイドルソングTOP100】
で、聖子の曲は1曲のみのランクイン
でした。↓

・【あらやまが選ぶ80年代女性アイドルソングTOP100・第78位】松田聖子ちゃんの「Rock'n Rouge」・・・数ある聖子の名曲の中でも、この曲は最高傑作と言えるでしょう

http://idolarayama.seesaa.net/article/411853284.html


これ、「聖子の曲がTOP100に1曲
なんて、アイドルを知らな過ぎる」
という人もいるでしょうが、私に
言わせれば、そういう聖子フリーク
にほど「他のアイドルの素晴らしさ
を知らない」と反論しておきたい。

80年代アイドルは深いんですよ。

聖子だけじゃないんだ。

興味のある方には、当時の私の
【あらやまが選ぶ80年代女性
アイドルソングTOP100】を
じっくりとご覧頂きたい。

(*100位から順に掲載しています。
まずは、100位のリンクから貼って
起きましょうか。↓)

・【あらやまが選ぶ80年代女性アイドルソングTOP100・第100位】水谷絵津子ちゃんの「キラリ・涙」・・・キラリと光る名曲はやっぱりTOP100に入れないわけにはいきませんでした

http://idolarayama.seesaa.net/archives/20141127-1.html


しかし、聖子の素晴らしさにケチを
つけるつもりは毛頭ありません。

当時のブログ記事にも書きましたが、
そもそも「順位付け」は非常に
難しいものでして、聖子の曲を
TOP100 に1曲しか入れられない
ことを残念に思ったことも事実です。

そこで、「Rock'n Rouge」以外に
私の好きな聖子の曲を、TOP5と
して、あと4曲載せておきたいと
思います。

では、その4曲とは・・・。

下記に掲載しましょう。

・渚のバルコニー
・小麦色のマーメイド
・天国のキッス
・ハートのイアリング
・天使のウィンク


これはねえ、各々、理由があります。

「渚のバルコニー」と「小麦色の
マーメイド」は私が小六の頃に、
オリコンの存在を知り、その頃に
チャートを賑わせていた曲です。

「天国のキッス」は、私が中一の
頃の曲で、「中学生活の始めを
スタートさせた」一曲。

「ハートのイアリング」は、私が
中二の後半、一時的に転校を余儀
なくされた頃の曲。

「天使のウィンク」は、聖子が
結婚する直前のヒット曲。

・・・結局ねえ、曲の出来不出来では
なく、「当時の我が身にどう絡んで
いたか」と言う側面が強いんです
なあ。

でもねえ、これが「アイドルソング」
の真骨頂だと思うんですよ。

人生の節目節目にいかに絡むか。

プロの作曲家でもない限り、曲の
斬新さなんて、決して分かりません。

なんぼプロが斬新だと言っても、
素人の我々に響かなければ、そんな
アイドルソングはアイドルソング
とは呼べないものであってね。

TOP5に限らず、聖子の曲はもっと
素晴らしいものもたくさんあります。

下記のCDは、聖子の全盛期の
シングル盤を網羅していて、
オススメですよ! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SEIKO STORY〜80's HITS COLLECTION〜(2CD) [ 松田聖子 ]
価格:3076円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)








posted by あらやまはじめ at 22:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | 松田聖子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村