2019年11月08日

今日の「Mステ」、小沢健二さんの新曲「彗星」を聞きましたが、もはや、ボブ・ディラン並みじゃないですか、あの歌詞の世界は・・・40代後半の私でさえも、新曲が気になる存在はもはや「オザケン」だけ、唯一無二ですよ!

たまに思うんですよ。

もし、私に娘がいなかったら、どう
いう生活になっていたのであろうかと?

・・・いや、これ、結構、現実的な話
でして、私の周りには中年の独身者が
ゴロゴロいます。

それは個人個人の判断の結果ですから、
私がどうこう言える話でもないのですが、
たまに「えっ!」と思うようなことも
ありまして、もはや50歳近い私に
とっても「子供がいるのといないのと
ではここまで話がかみ合わないもの
なのか」と痛感することも多いのが
実情です。

それは、今日、高3の娘が見ていた
「ミュージックステーション」を
見ていても思いました。

もし、私が今も独身で娘もいなかった
ならば、おそらくは今日の「Mステ」も
見ていない可能性が高かったはず。

いや、絶対見ていない。

だって、私は基本、ラジオしか聞き
ませんし、それで不自由することも
ないですから。

娘が見ていたおかげで、Mステに
気付くことができましたし、小沢健二
さんの新曲を見ることもできました。

「彗星」。

(*コチラですね。↓)




昨年、「流動体について」で久々に
復活した「オザケン」ですが、今回も
ついつい聞き入ってしまいましたねえ。

(*これは私もCDを買いました。↓)




もうねえ、「オザケン」は誇張でも
何でもない、ボブ・ディラン並みに
なってきているんじゃないですか。

歌詞の世界を聞いても、一筋縄では
いかない曲調を聞いても。

私の知る限り、今の日本に「オザケン」
のような歌手はいませんし、作り手と
しても皆無でしょう。

そもそも、私も40代後半になって、
新曲が気になる存在なんて、もう
「オザケン」くらいしかいません。

唯一無二。

聞けば、17年ぶりのアルバムにも
「彗星」は収録されるということでは
ありませんか!

間違いなく、私はこのアルバム買います。

11月13日発売ですか。

5日後。

楽しみです!



*そのアルバムはコチラです! まだ、
画像はありませんが・・・。 ↓




posted by あらやまはじめ at 23:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 小沢健二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村