2022年07月19日

【訃報】山本コウタローさんを悼む・・・大名曲『岬めぐり』だけじゃない、深夜番組『ハロー!ミッドナイト』でのトーク力も素晴らしかった、謹んでご冥福をお祈りいたします

三日前の訃報ですが、ようやく書ける
時間ができましたので、記して
おきます。

山本コウタローさん。

享年73歳でしたか。

私が一番最初にコウタローさんを
知ったのは、おそらく、今から40
年前、1982年の『笑っていいとも』
だったかと思います。

タモリさん司会の元、田中康夫
さんと世相を切っていました。

もっとも、子供心に「康夫ちゃんの
歯止め役」のように見えていましたが。

私にとって、一番覚えているのは、
1984年の深夜番組『ハロー!ミッド
ナイト』でのアシスタント役です。

実は、自ら追悼とばかりに、昨晩、
その『ハロー!ミッドナイト』の
最終回のカセットを聴いていました。

(*一応、そのカセットの写真も添付
しておきます。↓)

20220719_ハローミッドナイト_カセット.jpg


この番組、私の敬愛する松山千春さんが
初めて司会をするトーク番組として、
大いに期待されましたが、世間一般
には独特の「千春ワールド」がなかなか
受け入れられず、わずか半年で打ち切り
になりました。

その中で、千春さんの「暴走」をよく
止めては、方向性をバランスよく保った
のがコウタローさんでした。

出過ぎず、かといって、何もしないわけ
ではなく、場面場面でトークをより
深掘りさせてくれる不思議な力を
持っていました。

コウタローさんの人間性だったのかなあ。

昨晩、最終回のカセットを聴いて、
つくづくそう感じた次第です。

38年前の番組ですが、コウタローさんの
トーク力に圧倒されました。

『ハロー!ミッドナイト』の最終回では
大名曲『岬めぐり』を千春さんと熱唱。

あの曲、私は『笑っていいとも』で
初めて聞いたと記憶していますが、
何十年経っても飽きが来ない大名曲。

そういう曲は、なかなかないですよ。

残念でならない。

トーク力が必要とされる現代にこそ、
コウタローさんにはまだまだ頑張って
頂きたかった。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。


*『岬めぐり』、私はシングル盤も
持っています。↓





posted by あらやまはじめ at 16:40| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーク・ロック系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村