2020年09月20日

【速報】少年隊の錦織一清さんと植草克秀さんがジャニーズ退所?・・・東山紀之さんは残るようですが、事実上の解散に近い、悲しいし、無念の一言・・・年末の紅白、出てもらえないかなあ、期待してるよ!

今日の夕方になって、突如、飛び込んで
きた「少年隊」についてのニュースに
驚いたオールドファンは多いことでしょう。

私もその一人。

「ニッキ」錦織一清さんと「カッちゃん」
植草克秀さんが年内でジャニーズ退所なる
報道がなされました。

「ヒガシ」東山紀之さんは残るようですが、
ヒガシは確か、ジャニーズの役員ですから
ねえ。

少年隊自体は残るようですが、活動予定も
ないとのことから、事実上の解散に近い。

これをどう見るか?

少年隊は1985年に「仮面舞踏会」でデビュー
しましたが、その前にも結構テレビには出て
いました。

私が今でもよく覚えているのは、デビュー
前、1984年頃だったか、少年隊が「夜の
ヒットスタジオ」に出演しては「あなたに
今Good-Bye」を堂々と歌ったシーンです。

「夜のヒットスタジオ」にデビュー前の
新人が出演するというのは、異例中の異例
でした。

たぶん、その前も後も少年隊以外に出た
人はいなかったはずです。

(*レッツヤンの映像を見つけましたので、
一応載せておきましょう。↓)

https://www.youtube.com/watch?v=sru6N26Ljxc


当時、私は中学生で、正直、「トシちゃん」
田原俊彦さんにしろ、「マッチ」近藤真彦
さんにしろ、トシを取った今でこそ好きです
が、あの頃は嫌いで嫌いでしょうがなかった。

でも、そんな中、少年隊には一目置いていた
というかね。

満を持して、1985年に「仮面舞踏会」で
デビューして、大ヒットを飛ばした時には
快哉を叫んだものですよ。

男から見ても、カッコ良かった。

その後は出す曲が皆ヒットし、私が高校生の
頃は「男性アイドルと言えば、少年隊」と
いう時代が続きました。

いわゆる「ジャニタレ」、私は若い頃、嫌い
でしたが、少年隊だけは嫌いになったことが
一度もありません。

なぜだろう?

やっぱり、「特別感」があったからだと今に
なって思います。

満を持してのデビューでしたからね。

また、少年隊のすごいところは、デビューして
今年で35周年ですが、一度も解散をしていない
ということに尽きます。

そこが、例えば、シブがき隊とは違う。

その間、ソロ活動が多くなり、舞台出演など、
歌手としての活動はほぼ皆無となってしまい
ましたが、「少年隊が存続している」という
事実が大事だった。

ところが、今日、ニッキとカッちゃんの二人が
今年限りでジャニーズを退所すると聞き、私は
「事実上、少年隊は解散状態になってしまった」
と思わざるを得なかった。

だからこそ、当ブログで記事を書こうと思った
次第です。

悲しいし、無念の一言。

「一つの時代の終わり」とでもいったありきたり
のセリフは言いたくない。

今年の年末に35周年記念ベストアルバムが発売
されるようですが、例えば、今年の年末の紅白、
久々に出てもらえないかなあ。

解散していないから「再結成」ではありません
が、「これが見納め」になるかもしれない。

皆、50歳を過ぎていますしね。

少年隊のファンに限らず、見たい人は多いはず。

期待してるよ!




*少年隊のベスト盤は意外に少ない、これは
私も持っています。↓




posted by あらやまはじめ at 22:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | 男性アイドル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ↓

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村